矯正治療

ホーム » 矯正治療 » 矯正Q&A

矯正治療Q&A

矯正治療についてのよくあるご質問とその答えを掲載しています。

Q. 唇側矯正と裏側(舌側)矯正は違いは?

A

唇側は、歯の人から見える方の面に、ブラケットというものをそれぞれ1本ずつに付け、そのブラケットにワイヤーを通して治療するものです。裏側(舌側)矯正は舌側にそれをつける方法です。
矯正を付けている期間が唇側より舌側の方が長くなります。唇側の方が調整がしやすいためです。舌側は見えないというメリットはありますが、期間・費用が唇側より高価になります。

Q. 唇側矯正は見えてしまうので、裏側(舌側)矯正をしたいのですが…

A

可能です。ご協力いただいている相澤先生は舌側矯正の名医で、日本舌側矯正歯科学会の認定医です。相澤先生は第2金曜の午後のみの診療になってしまいますので、舌側矯正の万が一の対応は直接「六本木ソフィア歯列矯正歯科医院」に行っていただくこととなります。ただ、唇側・舌側矯正のそれぞれのメリット、デメリットがございますため、カウンセリングを受け、正しい知識を得ますと、多くの方が唇側矯正を選ばれています。

Q. 唇側だと目立つのが気になるのですが…

A

以前は金属ブラケットでしたが、今は透明になったためだいぶ目立たなくなりました。ワイヤーも少し金額が上がりますが、金属がどうしてもイヤという方は、クリアワイヤーも選択可能です。写真を撮った時にアップでなければ、矯正装置は殆ど写らず、「キョーセイ中です」と写真ハガキを出してもわからない程です。

Q. ワイヤーではない方法はありますか?

A

マウスピースのようなものを、毎月付け替えて1年〜2年で矯正していく方法もあります。透明のマウスピースなので殆ど分かりません。ただ、この方法で矯正できる歯列の人は限られていますため、一度ご相談ください。

Q. 矯正はかなり痛いですか?

A

少しずつ歯を動かしていきますので、動かしている間は痛みが生じます。調整した夜から1週間程度は強い痛みが生じます。その後少しずつ慣れてきますので、痛みも減ってきます。

Q. 食べてはいけない物はありますか?

A

食べてはいけない物はございませんが、ガムやお餅はブラケットやワイヤーに付着してしまうと、取り除くのが少し大変です。カレーはブラケットを固定しているゴムが黄色く染まってしまうため、矯正調整日の数日前がベストです。
硬いものもを痛いのを我慢して食べることはできますが、ブラケットが取れてしまうことがありますので、無理のない範囲にした方がよいでしょう。

きけがわ歯科医院

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-12-1 新横浜光伸ビル2F交通アクセス
月・水・木:10:00〜13:00/14:00〜18:00 火・金:10:00〜13:00/14:30〜18:30
矯正診療日『第二金曜日』:11:00〜13:30/15:00〜19:30
診療日カレンダーを参照ください)
ご質問は、お問い合わせフォームもご利用になれます。(別ウィンドウが開きます)

通常の保険診療を初め、事故・ケガの処置、及び歯の移植等の口腔外科、インプラント治療、矯正治療、審美治療を行っております。

このページの上部へ